1. TOP
  2. サステナビリティ方針
  • ご挨拶
  • 運用理念・運用方針
  • 組織運用体制
  • 会社概要
  • 不動産投信とは

サステナビリティ

サステナビリティ方針

平成27年11月20日 制定

当社が属するエヌ・ティ・ティ都市開発グループでは、エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社が定めるCSR基本方針を基礎とし、事業そのものを通じたCSRの実現を図っています。一方、投資運用業界においては、環境(Environment)・社会(Society)・ガバナンス(Governance)(併せて以下「ESG」といいます。)への配慮の重要性についての認識が高まっており、当社は中長期的な投資家の利益を最優先する観点から、不動産投資運用業務の全般において、以下の項目を中心とするESGへの配慮を組み込んでいきます。

1. 地球温暖化対策

当社が資産運用について業務委託を受けた投資法人の運用資産(以下「運用資産」といいます。)の運用において、エネルギーマネジメントの推進や省エネルギーに資する設備の導入などにより、省エネ・CO2排出削減を進めていきます。

2. 水資源と廃棄物削減対策

限りある水資源を大切に使うための節水対策、ならびに廃棄物の減量や分別の徹底によるリサイクルの推進に継続的に取り組んでいきます。

3. 安全と安心の確保

エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社策定の「安全・品質方針」の考え方に基づき、オフィスビルにおけるBCP(事業継続計画)及び住宅における防災対策をハード・ソフト両面から推進していきます。

4. 社内体制の整備と役職員への取り組み

本方針に基づく取り組みを推進するための社内体制を整備し、役職員に対してESGに関する教育及び啓発活動を行います。

5. 社外のステークホルダーとの協働

テナント及びプロパティ・マネジメント会社等のサプライヤー等と協働し、CS(お客様満足度)向上に努めるとともに、地域との共存や地域の活性化を図っていきます。

6. 投資家等への情報開示

投資家をはじめとするステークホルダーに対し、ESGに関する情報について積極的な開示に努めます。また、グリーンビルディング認証等の環境認証・評価を継続的に取得し、その内容を開示していきます。

7. コンプライアンス

環境関連の法令・諸規則を順守し、企業倫理・コンプライアンスの重要性を認識した企業活動を行っていきます。

このページの先頭へ